琉球大学皮膚科学教室

Department of dermatology,

University of the Ryukyus

琉球大学皮膚科学教室

〒903-0215
沖縄県中頭郡西原町上原207

TEL:098-895-3331(代表)
FAX:098-895-1417

Copyright © 琉球大学皮膚科.All Rights Reserved.

専門外来の紹介

琉球大学皮膚科では下記の専門外来を設けています。初診医または担当医が必要と判断した場合は専門外来へ紹介いたします

 

膠原病角化症皮膚悪性腫瘍乾癬性関節炎
高橋、宮城高橋、内海宮城
大嶺松尾
宮城宮城

 

皮膚感染症化膿性汗腺炎アトピー性皮膚炎
山口大嶺與那嶺

膠原病  (火・木)

強皮症、皮膚筋炎、ベーチェット病、SLE、混合性結合組織病(MCTD)、血管炎症候群、シェーグレン症候群などを主とした自己免疫疾患全般を幅広く診療しております。特に血清学的診断が難しい皮膚筋炎の診断・加療、そして他大学との連携し一般的には測定できない自己抗体の特定に努めています。

担当医
高橋健造、宮城拓也

角化症  (火曜日)

乾癬、毛孔性紅色粃糠疹、そして先天性の角化症の診断・治療を行っています。

担当医
高橋健造、内海大介

皮膚悪性腫瘍  (火・木)

基底細胞癌や有棘細胞癌、悪性黒色種といった手術を必要とする悪性腫瘍の診断・加療を行っております。また、皮膚リンパ腫、特に成人T細胞性白血病・リンパ腫は発症当初、皮膚から症状が出現することが多い疾患であり専門の医師以外では初期診断が非常に難しい疾患であります。また、沖縄県では全国的に頭部血管肉腫やカポシ肉腫という血管の腫瘍が多い地域であります。これらの腫瘍は治療が難しいことが多く、入院を含め特殊な治療法を必要とするため、専門外来への通院をお勧めします。

担当医
林健太郎、松尾雄司